運転免許における認知機能検査(75歳以上対象)

認知症ドライバーの自動車免許の取り消し・停止に至る経路

1)家族からの相談・申請
2)交通事故などで警察官が把握して通報
3)認知機能検査(75歳以上対象)

認知機能検査の結果認知症の疑いがあれば、公安委員会に
報告されます

検索項目

  • 日時がいえるか
  • モノの名前が書けるか
  • 記憶力ほどうか
  • このようなものがチェックされます。

    申し出や報告を受けた公安委員会は、かかりつけ医
    の診断書や専門医による臨時適正検査に基づき、
    認知症か否かを判断する。

    認知症と診断されれば、本人や家族と面談して処分を決める

    都道府県警は運転適正窓口を設け、認知症のドライバー
    に関する相談を受け付けている。

    警視庁のホームページに窓口の連絡先が掲載されている
    http://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/home.htm