高額医療費の負担が軽くなる?

高額医療費の負担が軽くなる?

07年4月から70歳未満の人についても所得額による一定の負担額だけを病院の窓口で支払えばよくなった

手続きは必要なので注意 ⇒ 限度額適用認定書を取得することが必要


高額療養費制度とは

入院治療費が高額になった場合に、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度

差額ベッド代などは対象外となります。自己負担限度額は70歳未満の場合、所得に応じて三つに分かれる。

政府管掌健保は手続きが必要で、国保は市町村により対応が異なっている。

今回の限度額適用認定書は、市区町村の国保の窓口に保険証などを持参すれば、保険料の未払いがない限り発行される。認定証は申請した月の初日から有効です。

加入先によっては、認定証の発行に時間がかかるところもあるので入院が決まった時点で、申請 するか、病院に相談することをお勧めする。