介護福祉士の上級資格として「専門介護福祉士」(仮称)制度を創設

介護福祉士の上級資格として「専門介護福祉士」(仮称)制度を創設

厚生労働省は5日、重度の認知症患者などを世話し、介護事業で指導的役割を
担える介護福祉士の上級資格として「専門介護福祉士」(仮称)制度を創設する方針という

「仕事がきつく、給料が安い」といわれている介護福祉士は人手不足が深刻化
している新制度導入により、待遇改善につなげ、人手不足が解消されることを望む

新たな資格は、一定の実務経験、新たな研修の履修などを要件とする方向とか
また、「認知証ケア」「事業の運営管理」など介護の専門分野に応じた複数の資格と
する方向で検討するという。

介護士は1988年に始まった「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。

2006年10月末現在、役54万8000人が取得している。
「入浴、排せつ、食事」の身体介護が主な役割だが、現在は、認知症や
障害者へのケアなど、介護ニーズが多様化している。

厚生労働省の05年による調査では、施設で働く介護福祉士の平均年収は
男性が約315万円、女性が281万円で全労働者の役452万円を大きく下回る。

また離職率は介護職員22・6%で、全労働者の17・5%を上回る。

これらのことから新制度で介護福祉士のキャリアアップを可能にし
やりがいを感じ、また給与水準の向上を目指し新制度の創設を目指しているという。

読売新聞参照:[2007.03.06]